結婚後も仕事を続ける場合

嫁姑問題画像結婚後も自分が仕事を続ける場合、いわゆる共働き夫婦になるわけですが、嫁として姑への対応には気をつけるべき点があります。

共働きなど珍しくもない昨今ですし、子供のいない若い夫婦なら経済的なゆとりのためにも夫婦で働くという選択はあって当然です。共働き経験のある姑なら、嫁が結婚後も働くことへの理解は得やすいでしょう。問題は姑が専業主婦だった場合です。

専業主婦の姑には外で働く夫を支え、快適な家庭環境を維持し、家族の健康を守ってきたという誇りがあります。若い頃には経済的に苦労したかもしれませんが、そこは専業主婦である自分がやりくりし、夫が仕事に集中できる環境を作ってきたからこそ今の幸せがあると自負している姑も少なくないはずです。

ですから息子夫婦の共働きの様子を見るとき、間違っても自分の息子の経済力が共働きを余儀なくさせているとは思っていません。若いうちは色々と趣味も楽しみたいだろうし、昔とは時代も違うのだから・・・と理解を示しているに過ぎない可能性があります。

ですから、嫁が結婚後も仕事を続けることによって息子の家庭生活に支障が出ることは、専業主婦に徹してきた姑にとって耐え難いものがあるはずです。

掃除が行き届かず部屋が散らかっていたり水周りが汚れていることは、間違いなく姑には「だらしない嫁だ」という印象を与えてしまいます。また、息子のワイシャツがヨレていたり、セーターに毛玉が出来ていたり、靴が汚れていたり・・・といったことには姑は驚くほど目が行ってしまうものです。

身なりに無頓着なのは夫個人の問題と嫁が考えているとしても、そんな考えは姑には通用しません。そして何より、息子の食生活が満足なものでないと判断した場合には、どんなに寛大な姑であっても黙っていることが出来ないかもしれません。

結婚・出産後も人気がある仕事

銀行パート求人募集と体験談
銀行でパートとして働いた方の体験談や求人の探し方など
アルバイト&短期バイト辞典 - 仕事解説と体験談
求人募集の前に、70以上の長期、短期バイトの仕事情報と体験談
医療事務の資格と仕事 - 経験者による体験談
医療事務の経験者2名が実際に資格を取得するまでの体験談や仕事について解説

姑の変化を察知したなら

嫁姑問題画像例え口には出さなくても、健康的な食品をわざわざ送ってきたり、料理を教えたがるといった行動になって表われることもあるでしょう。

そのような姑の変化を察知したなら、嫁としてすぐに対応すべきです。とはいえ共働きの忙しさでは、掃除も洗濯も料理も実際に完璧に改善することは難しいでしょう。ですが「このままではいけないと気づきました」という意思表示と、改善しようと努力する姿を姑に見せることが大切なのです。

姑がすすめる健康食品やレシピを取り入れたことを伝えたり、家事のコツや知恵について自分から姑に教えを乞うだけでもいいでしょう。間違っても「お勤めしているのだから、大変よね。少しぐらい家事がおろそかになっても当然よ」という姑の言葉を鵜呑みにし、事態を放置してはならないということです。

もうひとつ、気をつけるべきことがあります。共働きの自分を助けるため夫がいかに家事を手伝ってくれているかを、専業主婦の姑に自慢げに報告すべきではありません。夫を褒めているつもりでも、それは嫁の大きな見当違いです。いくら共働きとはいえ、本来外で仕事に集中すべき息子に家事を手伝わせて消耗させる嫁など、姑に歓迎されるわけがないからです。